精神障害者保険福祉手帳

障害年金フルサポートセンターでは障害者手帳の申請について無料でご支援をさせて頂いております。障害者手帳には大きく三つの種類がありますが、精神障害者保険福祉手帳のご相談が増えております。精神障害者保険福祉手帳とは、何らかの精神障害によって、長期にわたり日常生活や社会生活への制約がある方を対象とした手帳です。手帳の対象となるのは、すべての精神障害で具体的には次のような障害が交付対象です。

精神障害者保健福祉手帳の障害

  • 統合失調症
  • うつ病、そううつ病などの気分障害
  • てんかん
  • 薬物依存症
  • 高次脳機能障害
  • 発達障害(自閉症、学習障害、注意欠陥多動性障害など)
  • そのほかの精神疾患(ストレス関連障害など)

交付主体は各都道府県や政令指定都市、中核都市などの自治体で最寄りの市町村の担当窓口で発行や再発行の手続きが可能です。身体障害者手帳とは違い、所有者には更新の義務が発生するため、交付されてから2年ごとに更新する必要があるので注意しましょう。精神障害者保健福祉手帳にもメリットがあり、各種税金の免除や公共交通期間の割引、障害者雇用が適用されます。障害年金フルサポートセンターでは障害年金だけでなく、障害者手帳の申請についてもこれまで多くのご相談に対応してきました。お気軽にお越しください。