病歴就労状況等申立書の書き方

申立書の概要

病歴、就労状況、およびその他の関連情報を含む申立書は、通常、以下の要素で構成されます:
疾病または障害の名称
発症日または診断日
症状の詳細
過去の治療または手術
現在の治療および薬物療法
現在の症状の重症度

就労状況: 就労状況の詳細情報を提供します。これには以下の要素が含まれます:

過去の職歴(職種、期間など)
就労制約または障害による影響

申立書の詳細
以下に、各要素の詳細な記入方法について説明します。

病歴: 病歴の記述は詳細で客観的であるべきです。診断日、症状の説明、過去の治療や手術の経験、現在の治療に関する情報を端的に分かりやすく記載された方がいいです。

就労状況: 障害によって就労に制約がある場合、具体的な制約や支援が必要な事項について説明します。就業場所や職務に対して特別な配慮が必要な場合(例:バリアフリーな環境、特別な支援など)も記載された方がいいです。

注意事項
申立書を記入する際には、以下の注意事項に留意することが重要です:
正確性:
提出する情報は正確で客観的である必要があります。誇張や虚偽の情報を提供してはいけません。

堅実性:
申立書の記述は堅実で明瞭であるべきです。冗長な情報を避け、重要なポイントに焦点を当てましょう。

会社概要

香川県高松市や丸亀市、岡山県岡山市や倉敷市を中心に、うつ病や糖尿病等の幅広い障害年金手続きを専門に扱う社労士事務所です。特に障害年金手続きを業界最安値でご支援する障害年金フルサポートセンター(高島社会保険労務士事務所)。香川県高松市・岡山県岡山市で障害年金手続きのご相談なら、高島社会保険労務士事務所にお任せ下さい。

対応地域

高松市、丸亀市坂出市観音寺市善通寺市さぬき市などの香川県だけでなく、松山市高知市徳島県の四国内や岡山市倉敷市などの岡山県、また大阪市や堺市、高槻市、吹田市などの大阪府や神戸市西宮市尼崎市姫路市明石市などの兵庫県など、広範囲で対応が可能です