発達障害で障害年金はもらえるか?

発達障害による障害年金の申請や給付についてご説明いたします。

1. 発達障害とは:
発達障害は、個々の発達の特性に起因するもので、社会的なコミュニケーションや行動、学習において困難を抱える状態を指します。代表的な発達障害には自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害などがあります。

2. 障害年金の概要:
障害年金は、労働機能が低下したために生じる収入の減少を補うことができる給付であり、厚生年金や国民年金に加入していることが条件となります。

3. 障害年金の対象となる障害:
障害年金の対象となる障害は身体障害、知的障害、精神障害の3つに分類することができます。発達障害は、通常は「精神障害」の範疇になります。

4. 障害年金の申請手続き:
障害年金を受給するためには、まず申請手続きが必要です。医師の診断書や検査結果、障害者手帳などの書類が添付され、年金事務所に提出することになります。

5. 発達障害による障害年金の申請:

以下の状態が障害年金が認められるかの基準になります。

◆1級

発達障害があり、社会性やコミュニケーション能力が欠如しており、かつ、著しく不適応な行動がみられるため、日常生活への適応が困難で常時援助を必要とするもの

◆2級

発達障害があり、社会性やコミュニケーション能力が乏しく、かつ、不適応な行動がみられるため、日常生活への適応にあたって援助が必要なもの

◆3級

発達障害があり、社会性やコミュニケーション能力が不十分で、かつ、社会行動に問題がみられるため、労働が著しい制限を受けるもの

出所:厚生労働省『国民年金・厚生年金保険 障害認定基準』

6. 発達障害と労働機能の低下:
発達障害は、一般的には社会的なコミュニケーションや行動、学習において困難を抱えるものであり、これが労働機能の低下に繋がる場合があります。例えば、職場での人間関係や作業の遂行が難しい、適切なコミュニケーションがとりにくいなどの理由で、労働機能に問題が生じることが考えられます。

7. 注意すべきポイント:
発達障害による障害年金の申請には、医師の診断書が欠かせません。医師の意見書や検査結果を適切に整理して提出することが重要です。
障害者手帳の交付も、障害年金の申請においては補足的な要素となります。

まとめ:
発達障害による障害年金の受給可能性は、個別の症状や労働機能の低下の度合いに依存します。医師の適切な診断と障害者手帳の取得が必要であり、それを踏まえた上で申請手続きを進めることが求められます。

会社概要

香川県高松市や丸亀市、岡山県岡山市や倉敷市を中心に、うつ病や糖尿病等の幅広い障害年金手続きを専門に扱う社労士事務所です。特に障害年金手続きを業界最安値でご支援する障害年金フルサポートセンター(高島社会保険労務士事務所)。香川県高松市・岡山県岡山市で障害年金手続きのご相談なら、高島社会保険労務士事務所にお任せ下さい。

対応地域

高松市、丸亀市坂出市観音寺市善通寺市さぬき市などの香川県だけでなく、松山市高知市徳島県の四国内や岡山市倉敷市などの岡山県、また大阪市や堺市、高槻市、吹田市などの大阪府や神戸市西宮市尼崎市姫路市明石市などの兵庫県など、広範囲で対応が可能です