障害年金はどこに相談すればいいのか?

障害年金について相談できる窓口を7種類紹介します。

1-1.年金事務所

年金事務所は、障害年金申請における個別の悩みについて、相談が行える場です。年金制度の概要について説明を受けるだけでなく、年金記録の確認ができたりもできます。年金事務所は相談窓口という役割のほかに、障害厚生年金を請求する方にとっての申請窓口という側面も持っています。そのため障害年金に関する極めて正確な情報を得られる点が、年金事務所を相談先に選ぶ大きなメリットです。ただし申請窓口の役割を持ち合わせているゆえに、相談の際に伝えた情報がデータベースへと記録されてしまう点には、注意が必要です。例えば相談したときに伝えた初診日が誤っており、申請の際に伝える初診日と異なる場合には、きちんとした理由を説明できないと手続きが上手くいかないことがあります。年金事務所を利用する場合には、ご自身で正確な初診日を調べたうえで相談へ臨む必要があるでしょう。年金事務所を利用する際には、原則予約が必要です。予約が取れる日程は1〜2週間先、人口の多い地域では1〜2ヶ月先という場合もあります。予約は受付専用ダイヤル0570-05-4890)より行えます。

また年金事務所へ足を運ぶことが難しい場合には、出張相談を行っている年金事務所もあります。ご自身の地域の年金事務所が出張相談を行っているかどうかは、以下のサイトで確認できます。

「日本年金機構|全国の相談・手続き窓口」

1-2.街角の年金相談センター

街角の年金相談センターは年金事務所とほぼ同じ水準で、個々の状況に応じた具体的な相談が行えます。予約不要で相談を受け付けてもらえる点も、街角の年金相談センターを利用するメリットです。ただし一部の街角の年金相談センターは予約制をとっているようなので、予約の必要が有るか無いかは事前に確認しておいた方がよいでしょう。しかし年金事務所に比べて、街角の年金相談センターは数が少ないというデメリットがあります。街角の年金相談センターが一件もない県もあるくらいです。立地も都市部に集中しているため、地方に住まれている方であれば、近くに街角の年金相談センターがないといったこともありえます。全国の「街角の年金相談センター」の一覧は、以下のサイトで確認できます。

「全国社会保険労務士連合会WEBサイト|街角の年金相談センター一覧」

1-3.市町村役場

市町村役場は障害基礎年金の請求窓口です。そのため障害基礎年金に関する相談ならば行えます。年金に限らずさまざまな分野の業務を行う窓口のため、年金事務所や街角の年金相談センターに比べて、障害年金に関する知識が不十分な場合があります。市町村役場よりも年金事務所や年金相談センターを利用した方が、的確なアドバイスをもらえるでしょう。

1-4.ねんきんダイヤル

「日本年金機構ホームページ|ねんきんダイヤル(年金相談に関する一般的なお問い合わせ)」

ねんきんダイヤルを利用する際は、基礎年金番号を必ず聞かれます。手元に基礎年金番号のわかるもの(年金手帳・基礎年金番号通知書・年金証書・国民年金保険料納付書など)を用意しましょう

1-5.医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカーとは、病院に籍を置く生活相談員のことです。福祉や医療などの分野で、悩みを抱える人のサポートを行っています。ソーシャルワーカーは、年金制度に関する専門家ではないため、必ずしも深い内容を相談できるとは限りません。しかし、中には障害年金制度をしっかり学んでいる方もいるため、相談窓口として視野に入れてみるのもよいでしょう。対面相談電話相談かなど相談スタイル、事前予約料金の有無は、医療機関によって異なります。ソーシャルワーカーへ相談する場合には、事前に医療機関へ電話で問い合わせをして、詳細を確認しておくことをおすすめします。

1-6.共済組合

初診日に公務員だった方については、共済組合が相談先として適しています。障害厚生年金と障害共済年金は、平成27年9月に一元化されました。しかし、通常の請求書類以外に独自の書式を提出する必要があったり、戸籍謄本をはじめとした添付書類の提出タイミングが通常と異なったりと、申請準備の進め方に違いがあるからです。よって初診日に公務員だった方は、共済組合に相談したうえで申請準備を進めるのがベストです。

1-7.社会保険労務士

社会保険労務士は、年金制度に関する専門家です。障害年金に関して抱える疑問や不安に対して、的確にアドバイスしてくれます。

社会保険労務士へ相談するメリットは、高い専門性を持って正確な回答をもらえる点です。また相談するのみにとどまらず、希望に応じて障害年金申請手続きを代行してもらえます。

障害年金申請は、かなりハードルが高い場合があります。自力での申請が困難に感じられるときに、申請手続きの代行を依頼できる点は、社会保険労務士へ相談する強みです。

一方で社会保険労務士に相談するデメリットは、費用が発生する点です。しかしながら障害年金フルサポートセンターでは、ご相談料、着手金は不要で、障害年金が受給できた場合のみ業界最安値での報酬で対応をさせて頂いております。

会社概要

香川県高松市や丸亀市、岡山県岡山市や倉敷市を中心に、うつ病や糖尿病等の幅広い障害年金手続きを専門に扱う社労士事務所です。特に障害年金手続きを業界最安値でご支援する障害年金フルサポートセンター(高島社会保険労務士事務所)。香川県高松市・岡山県岡山市で障害年金手続きのご相談なら、高島社会保険労務士事務所にお任せ下さい。

対応地域

高松市、丸亀市坂出市観音寺市善通寺市さぬき市などの香川県だけでなく、松山市高知市徳島県の四国内や岡山市倉敷市などの岡山県、また大阪市や堺市、高槻市、吹田市などの大阪府や神戸市西宮市尼崎市姫路市明石市などの兵庫県など、広範囲で対応が可能です