糖尿病は障害年金の対象になるか?

糖尿病は合併症の有無や病状、血糖コントロールの状況、治療内容や病状の経過、そして日常生活の状況等から総合的に認定されます。ご存知の通り、平成28年6月の改正により治療を行ってもなお血糖コントロールが困難な方の場合、下記のいずれかの条件の下で3級認定となりました。

(検査日より90日以上継続して必要なインシュリン治療を行っていることが前提条件となります。)

1、内因性のインスリン分泌が枯渇している状態で、

空腹時または随時の血清Cペプチド値が、0.3ng/ml未満を示すもの

2、意識障害により自己回復ができない

重症低血糖の所見が平均して、月1回以上あるもの

3、インスリン治療中に糖尿病ケトアシドーシス

または、高血糖高浸透圧症候群による入院歴が1回以上あるもの

その上で日常生活に一定の制限がある方が受給対象となります。

なお、症状、検査成績及び具体的な日常生活状況等によってはさらに上位等級に認定される可能性があります。

会社概要

香川県高松市や丸亀市、岡山県岡山市や倉敷市を中心に、うつ病や糖尿病等の幅広い障害年金手続きを専門に扱う社労士事務所です。特に障害年金手続きを業界最安値でご支援する障害年金フルサポートセンター(高島社会保険労務士事務所)。香川県高松市・岡山県岡山市で障害年金手続きのご相談なら、高島社会保険労務士事務所にお任せ下さい。

対応地域

高松市、丸亀市坂出市観音寺市善通寺市さぬき市などの香川県だけでなく、松山市高知市徳島県の四国内や岡山市倉敷市などの岡山県、また大阪市や堺市、高槻市、吹田市などの大阪府や神戸市西宮市尼崎市姫路市明石市などの兵庫県など、広範囲で対応が可能です