がんは障害年金の対象になるか?

一般的には、がんが障害年金の対象になる場合がありますが、その際にはいくつかの要件や条件が関わってきます。

がんの種類と重症度:
社会保障制度では、がんの種類や進行度、治療の影響などに基づいて日常生活にどのくらい影響がでているかで障害の程度を評価します。

影響と制限度:
がんによる生活への影響や労働能力の制限が障害評価に関連します。がんの治療や症状によって、日常生活の遂行や職務遂行が困難になる場合、障害年金の対象となる可能性があります。治療に伴う身体的苦痛、精神的ストレス、活動制限なども評価の対象となります。

医療記録と診断:
障害年金を受給するためには、がんの診断書、治療記録、医師の意見書などの医療関連の文書が必要になります。これらの文書が、障害の程度や影響を裏付ける重要な証拠となります。

労働能力の評価:
労働能力の評価が行われます。がんによって仕事を継続することが困難かどうかも考慮される場合があります。

そのため障害年金を申請する場合には、診断書や病歴就労状況等申立書がとても重要な役割をはたします。きちんとご自身の状態を医師にご説明を頂き、その内容を診断書にもりこんで頂くのと併せて、病歴就労状況等申立書には日常生活でどのようなことに支障があるかを端的に分かりやすく記載する必要があります。

会社概要

香川県高松市や丸亀市、岡山県岡山市や倉敷市を中心に、うつ病や糖尿病等の幅広い障害年金手続きを専門に扱う社労士事務所です。特に障害年金手続きを業界最安値でご支援する障害年金フルサポートセンター(高島社会保険労務士事務所)。香川県高松市・岡山県岡山市で障害年金手続きのご相談なら、高島社会保険労務士事務所にお任せ下さい。

対応地域

高松市、丸亀市坂出市観音寺市善通寺市さぬき市などの香川県だけでなく、松山市高知市徳島県の四国内や岡山市倉敷市などの岡山県、また大阪市や堺市、高槻市、吹田市などの大阪府や神戸市西宮市尼崎市姫路市明石市などの兵庫県など、広範囲で対応が可能です