脳梗塞は障害年金の対象になるか?

脳梗塞は、その重症度や後遺症によって、労働能力や日常生活に大きな影響を与えることがあります。そのため、障害年金の対象となる可能性があります。

障害年金は、労働能力や日常生活に支障をきたす身体的な障害や疾患に対する支援制度です。脳梗塞による後遺症は、例えば言語障害、運動障害、認知機能の低下など、患者の日常生活に大きな制約をもたらすことがあります。

障害年金を申請する際には、医師の診断書やご請求者側で準備する病歴就労状況等申立書が重要な要素となります。これらの文書は、脳梗塞の症状やその障害が労働能力や日常生活に及ぼす影響を客観的に評価するための根拠となります。

もし脳梗塞による後遺症で日常生活に支障をきたしている場合は、障害年金のご請求を検討することをお勧めします。ご不明な点がございましたら、お気軽に障害年金フルサポートセンターにお問い合わせください。

会社概要

香川県高松市や丸亀市、岡山県岡山市や倉敷市を中心に、うつ病や糖尿病等の幅広い障害年金手続きを専門に扱う社労士事務所です。特に障害年金手続きを業界最安値でご支援する障害年金フルサポートセンター(高島社会保険労務士事務所)。香川県高松市・岡山県岡山市で障害年金手続きのご相談なら、高島社会保険労務士事務所にお任せ下さい。

対応地域

高松市、丸亀市坂出市観音寺市善通寺市さぬき市などの香川県だけでなく、松山市高知市徳島県の四国内や岡山市倉敷市などの岡山県、また大阪市や堺市、高槻市、吹田市などの大阪府や神戸市西宮市尼崎市姫路市明石市などの兵庫県など、広範囲で対応が可能です