バセドウ病で障害年金はもらえるのか?

【バセドウ病と障害年金の関連について】

バセドウ病は、自己免疫疾患の一種であり、甲状腺が過剰に活動することによって引き起こされる状態です。この病気は、甲状腺ホルモンの過剰分泌によって代謝が加速され、心拍数の増加、体重減少、手の震え、多汗症、目の異常などの症状を引き起こすことがあります。さらに、バセドウ病は眼球突出(突眼)、甲状腺腫(甲状腺の腫れ)、皮膚の変化などを引き起こすこともあります。

このような症状は、患者の生活に深刻な影響を及ぼす可能性があります。そのため、バセドウ病による障害年金の受給が可能かどうかは、患者の状態に依存します。

障害年金を受給するためには、特定の条件を満たす必要があります。一般的に、障害年金の受給に関連する要因は以下のようになります:

症状の重症度と影響: バセドウ病の症状がどの程度患者の日常生活に影響を与えているかが重要です。例えば、心拍数の増加、体重減少、手の震えなどの症状が患者の生活や労働能力に大きな制約を与えている場合、障害の程度が高いと見なされる可能性があります。

医師の診断と治療履歴: 専門家によるバセドウ病の診断書や治療履歴が障害の程度を裏付けるために重要ですし、診断書は障害年金の請求に向けての必要書類になります。

日常生活や労働能力への影響: 症状が仕事や日常生活にどの程度影響を与えているかが評価されます。バセドウ病によって、通常の仕事が難しくなり、生活に支障をきたしている場合、障害年金の受給が考慮されることがあります。

バセドウ病による障害年金の受給が可能かどうかは、個々の状況によって異なります。しかし、症状の重症度や日常生活への影響が大きい場合、障害年金を受給する機会があるかもしれません。バセドウ病は、その症状の重症度や個々の状況によって、生活に大きな影響を及ぼすことがあります。

会社概要

香川県高松市や丸亀市、岡山県岡山市や倉敷市を中心に、うつ病や糖尿病等の幅広い障害年金手続きを専門に扱う社労士事務所です。特に障害年金手続きを業界最安値でご支援する障害年金フルサポートセンター(高島社会保険労務士事務所)。香川県高松市・岡山県岡山市で障害年金手続きのご相談なら、高島社会保険労務士事務所にお任せ下さい。

対応地域

高松市、丸亀市坂出市観音寺市善通寺市さぬき市などの香川県だけでなく、松山市高知市徳島県の四国内や岡山市倉敷市などの岡山県、また大阪市や堺市、高槻市、吹田市などの大阪府や神戸市西宮市尼崎市姫路市明石市などの兵庫県など、広範囲で対応が可能です