統合失調症に係る申請のポイント

統合失調症のポイントは初診日と言っても過言ではありません。これまでのご相談者の方々には、長期間にわたって強い頭痛、全身のだるさ、不眠などを訴えて一般診療科で検査や治療を受けていることが多くあります。
また、統合失調症特有の症状の他に、抑うつや不安の症状がある方も多く、最初の病院では統合失調症という診断はされずに「うつ病」や「不安神経症」という診断をされている場合があります。統合失調症と診断されていなくとも統合失調症に関係ある症状で病院に行った場合は、そこが初診日となる可能性が高いです。その為、ご相談者の中には過去に遡って障害等級に認められることもありました。障害年金フルサポートセンターではご相談者様のこれまでの症状や経緯をお聞きし、的確なアドバイスをさせて頂きます。