障害年金の診断書の頼み方

以前は、年金の知識が殆ど無くご相談に来られる方が多かったのですが、最近はご自分で色々調べられてからご相談に来られるパターンが増えてきました。それはそれで理解が早くお話もスムーズにいくのですが、一部の方はご相談に来られる前に、年金事務所や医療機関に今までの病歴や就労状況等を詳細にお話しになり、ご自分で受診状況等証明書や、時には診断書まで取得してからご相談に来られる方もいらっしゃいます。ただご自身で色々やられた結果、申請が難しくなってしまった方もいらっしゃいます。また診断書には「頼み方」のコツがあるのです。良い診断書とは自分の病状がきちんと反映されている診断書だと思うのですが、この「頼み方」をきちんと踏まえて頼まないと、そうなっていないものが出来上がってくる事が少なからずあります。しかも一旦書いた診断書を見直してくれない先生も存在しますので、そうなったら申請自体はできますが、障害年金が受給できるかどうかはわからなくなってしまいますので、可能でしたら初めから全ての準備を障害年金フルサポートセンターにお任せ頂ければと存じます。