よくあるご質問

 

現在、会社員をしております。障害年金の手続きをしたいと考えているのですが、もし手続きをしてもそのことが会社に知られることはありますか?またその他、デメリットがあれば教えてください

基本、手続きに関して一切知られることはありませんし、また社会保険労務士は法律で守秘義務が課せられていますので、手続きが終わった後においても知りえた個人情報を他に漏らすことはありません。
ただし休業中に健康保険から支給される傷病手当金を申請する場合、この申請書に障害年金の受給の有無をチェックする項目が含まれており、傷病手当金の申請をきっかけに、障害年金の受給を知らせる恐れがありこの点については留意する必要があります。

また年金受給者が扶養されている場合に、障害年金は社会保険の扶養判定においては収入とみなされます。
障害年金ともし他の所得があった場合、180万以上になる場合は扶養から外れ、健康保険料と年金保険料を負担することがあります。

 

日々、体調の状況が変わります。日曜日や夜間に体調がいい場合にご相談ややり取りは可能ですか?

ご相談者様のご都合に合わせて対応は可能です。
日曜日でも18時以降でも可能な限り調整をさせていただきます。

 

現在、生活保護を受給中です。障害年金は受給できますか?

要件を満たすことが出来れば受給できるのですが、生活保護費の金額が減額される場合がありますので、市町村または弊事務所にご相談下さい。

 

現在、遺族基礎年金を受給していますが、障害基礎年金の受給も可能ですか?

原則として65歳までは一人一年金という原則があります。
基本的にはどちらか一方(多いほう)を選んでいただくことになります。

 

岡山県や香川県以外でも相談や手続き代行を依頼することはできますか?

関西や九州のご相談もあります。関西では大阪市や堺市、高槻市や吹田市、枚方市、八尾などの大阪や
神戸市や西宮市や尼崎市を中心に兵庫のご相談者からの手続きを豊富に対応してきました。遠方にお住まいでも電話やオンラインでの対応も可能ですし、お会いして対応させていただくことも可能です。

 

障害年金と障害者手帳の違いは何ですか?

そもそも違う制度自体が違うものになります。その交付基準も違い関係がないものになります。1級の身体障害者手帳を取得しているからといって、必ずしも1級の障害年金が受けられるというわけではありません。
ただし障害者手帳の交付を受けられる障害のうち、一定のものは障害年金を受けられる障害に該当しますので、障害者手帳の交付を受けていれば障害年金を受けれる可能性はあります。

 

医師への診断書の作成依頼などもご支援いただくことは可能でしょうか?

ご相談者に代わっての対応ももちろん可能です。状況などに応じて適切にご支援、サポートをさせていただいております。

 

障害年金の手続きをお願いした場合の費用はいくらになりますか?

料金についてはホームページ内の「料金について」に記載しておりますが、業界最安値、エリア最安値で対応しております。
また費用については障害年金が受給された場合にのみご請求しております。
なおご相談についてはご納得されるまで無料としておりますので、ご安心いただいてお問合せをして頂けたらと思います。

 

障害年金を受給できる症状はどういった状況が該当しますか?

基本的には日常生活にどのくらい支障があるかということになりますが、国民年金法や厚生年金保険法でその程度が定められています。傷病によって障害の程度が決まっていますが、このご質問はこれまで多くのお問合せをいただいております。
ご遠慮なく障害年金フルサポートセンターにお問合せください。

お問い合わせ

ご質問・ご相談は以下のお問い合わせフォームまたはお電話にてお気軽にご連絡ください。

障害年金 対象エリア

主な対象エリアは、高松市、丸亀市、坂出市、三豊市、観音寺市、さぬき市などの香川県、松山市を中心とした愛媛県、徳島市を中心とした徳島県、高知市を中心とした高知県の四国各県、岡山市、倉敷市、津山市、総社市などの岡山県や神戸市、西宮市、姫路市等の兵庫県及び大阪市、吹田市、枚方市、堺市などの大阪府となっております。

PAGE TOP
PAGE TOP