香川県高松市や丸亀市、岡山県岡山市や倉敷市を中心に、業界最安値で障害年金手続きに対応する 障害年金フルサポートセンター

精神障害の障害年金の対象にならない病気

精神障害における障害の対象とならない疾患について

精神障害は、症状に波がある場合が多く、日常生活をスムーズに送ることが困難なケースもめずらしくありません。
ただ、そのような状況下にあっても、以下のような疾患は、原則として障害年金受給の対象にはなりません。詳しくは精神の障害年金に強い障害年金フルサポートセンターにお気軽にお問い合わせください。

神経症系疾患

神経症には、パニック障害や適応障害、社交不安障害などが含まれます。
神経症は、主にストレスを原因とし、その影響で、心や身体に様々な不調が現れるといわれています。そのため、ストレスを取り除くことで、症状が改善することも多い疾患です。
このことを理由に、障害認定基準にも、「神経症は、その症状が長期間継続し一見重症なものであっても、原則として認定の対象とならない」と示されています。しかしながら、神経症でも妄想や幻聴など精神疾患の様相を呈している場合は、障害年金の対象として認められる可能性もあります。
抑うつや幻聴などの精神疾患の症状が出ている場合には、診断書に必ず記載してもらいましょう。

パーソナリティー障害(人格障害)

パーソナリティー障害は、3グループに分けられ、その中からさらに10種類のタイプに分類されます。10種類の中には、境界性パーソナリティー障害や自己愛性パーソナリティー障害などが含まれます。
パーソナリティー障害は、パーソナリティー(人格)に著しい偏りがあることで、自分の生活に支障が出たり、他人との人間関係が上手く築けず、トラブルを起こしたりすることなどが特徴です。しかしながら、ケースパーソナリティー障害も、原則的には障害年金の対象とはならない疾患ですが、幻聴などの精神病の病態に値する症状が見られる場合は、障害年金の受給が認められるケースもあります。
パーソナリティ障害の中では、精神疾患を併発しやすい情緒不安定性パーソナリティ障害(境界性人格障害)での受給率が高い傾向にあります。

薬物・アルコールによる精神障害

薬物やアルコールを使用した影響で、精神障害に陥るケースも存在します。
これらの精神障害は、ICD-10において精神作用物質使用による精神及び行動の障害(F10-F19)に分類されていますが、多くの場合は、障害年金の対象外となります。薬物やアルコールを始めたきっかけは、本人の意思によるものがほとんどだと考えられるためです。自らの意思で薬物やアルコールの摂取を選択し、薬物中毒などの後遺症が生じた場合は、障害年金の対象になりません。ただし、中には例外もあります。それは、薬物やアルコールを故意に使用していないにも関わらず、後遺症が残った場合です。
例えば、仕事上で薬物(シンナーなど)を使っていたために障害が生じたり、別の病気による判断力や思考力の低下により、使用を制御できなかったようなケースが該当します。

関連記事

  1. 年金手帳の写真
  2. 年金手帳の写真
  3. 年金手帳と電卓と通帳の写真
  4. 香川県高松市や丸亀市、岡山県岡山市や倉敷市を中心に、業界最安値で障害年金手続きに対応する 障害年金フルサポートセンター
  5. 香川県高松市や丸亀市、岡山県岡山市や倉敷市を中心に業界最安値で障害年金手続きに対応する障害年金フルサポートセンター
  6. 香川県高松市や丸亀市、岡山県岡山市や倉敷市を中心に、業界最安値で障害年金手続きに対応する 障害年金フルサポートセンター
PAGE TOP
PAGE TOP